医師会について

会長あいさつ

新型コロナウイルスの緊急事態宣言下に、診療所医師 281名、病院医師 282名(令和3年2月6日現在)の明石市医師会会長に就任いたしました。

新型コロナウイルスにより、移動では「公共交通機関の利用」から「自家用車の利用」へ、食事では「団らんのある会食」から「感染対策のための孤食」へ、コミュニケーションでは「顔 の見える関係づくり」から「ソーシャルディスタンスの維持」へと、太陽が西から昇るような社会変革が起こりました。しかし病気やケガにより社会的弱者となった人たちを支えるという、医療の本質は変わっていません。

病気になりたくて病気になる人はありませんし、ケガをしたくてする人もありません。ましてや、悪い事をしたから病気やケガという災難に遭うわけでもありません。そのような悲嘆に暮れる方々に寄り添い、支え、やがて社会復帰して学校や会社で活躍していただく。このような形で間接的に社会貢献することが医療の本質です。

診療所医師は生活に密着した医療を、病院医師は最新の技術に基づく医療を提供します。
担う分野は異なっていても、涙に暮れる患者さんの顔が笑顔に変わる時、無上の幸せを感じる事実は変わりません。私達は手を携えてより良い医療を提供し、明石市民に数多い笑顔を作り出せるよう、事業を進めて参ります。

令和3年2月吉日
明石市医師会
  会長  橋 本 彰 則

役員一覧

役 職氏 名
会 長橋 本 彰 則
副会長志 田 健太郎
副会長鈴 木 光太郎
理 事石 田 義 裕
石 井 洋 光
譜久山 剛
飯 村 一 誠
米 澤 嘉 啓
戸 田 和 夫
紀 平 晋 也
今 井 惠 介
井 上 知 久
吉 田 俊 一
齋 藤  実
相 馬 葉 子
安 尾 健 作
藤 田 賢 吾
西 尾  渉
財 田 一 也
役 職氏 名
監 事江 本 隆 一
監 事橋 本  寛
議 長尾 松 芳 輝
副議長山 本 まゆみ